障害者の出会いと性

アーカイブ : 2012年

広汎性発達障害とは

広汎性発達障害とは

広汎性発達障害とは人とのコミュニケーションを図ったり、社交性、想像力、思考力が正常に発達しないまま成長してしまうという脳機能の障害です。 自閉症、アスペルガー症候群、PDD-NOSなどに分類され、IQ70以上で知的障害のない広汎性発達障害、アスペルガー症候群などを高機能広汎性発達障害と呼びます。 ただの人見知り、少し変わった人...

ぱれコレ2012

ぱれコレ2012

ぱれコレ 初めて聞く人も多いかと思いますが、特定非営利活動法人ぱれっとが開催したファッションショーです。 新しい社会の創造をめざし、障害も職業も関係なく色々な人たちの完成を融合させることで作り上げるファッションエンターテイメントイベント。 人は誰でも得手不得手があり、できることもできないこともあります。 障害が原因で健常者には...

障害者の出会い

障害者の出会い

障害者同士の出会いの場は非常に少ないのですが、公的機関や民間会社が開催している出会いの会やお見合いパーティがあることをご存知でしょうか。 少し前までは都道府県・市町村・公的身体障害者団体・社会福祉法人等の公的機関によるものばかりでしたが、最近になって民間の結婚相談所なども障害者の出会いに積極的になってきています。 公的機関が主...

障害者の恋愛

障害者の恋愛

恋愛とは障害があるかどうかは関係なく人間として当然起こりうる心の働きで、生活を豊かなものにすることが出来るものです。 先天性の重度障害者が恋愛感情を持つことによって本人は自らの障害を再認識でき、精神的な自立心を養うことが出来る機会となります。 また、恋愛が今後の人生を大きく変え、飛躍させる力となります。 しかし恋愛経験や社会経...

障害者の性の歴史

障害者の性の歴史

障害者の性に関する資料は戦前より前の時代のものはほとんどありません。 民俗学の資料の中には断片的な記録が残っていますが、文献として確実な資料は見当たりません。 当時は夜這いが性教育の機能を果たしていました地域もありますが、夜這いの対象とならない障害者もおり、その場合には肉親が性教育を行い妊娠に至ったというケースもあったようです...

障害者の性的ケア

障害者の性的ケア

性行為というものは食事や睡眠と同列として語られるべき欲求であり、人間が生きていく上で当然の行為です。 それは人間としての尊厳、生命倫理に深く繋がる問題にも関わらずタブー視され続けてきました。 現在では男性障害者向けの性ケアサービスがやっと発足し、徐々に浸透しつつありますが、女性への性介護については完全に黙殺されている状況ではな...

]