障害者の出会いと性

障害者の性の歴史

障害者の性に関する資料は戦前より前の時代のものはほとんどありません。
民俗学の資料の中には断片的な記録が残っていますが、文献として確実な資料は見当たりません。
当時は夜這いが性教育の機能を果たしていました地域もありますが、夜這いの対象とならない障害者もおり、その場合には肉親が性教育を行い妊娠に至ったというケースもあったようです。
知的障害者の場合にはムラの人によって妊娠させられてしまったという例もある。
ムラから離れて都市部へ行くも、貧困によって命を落とすことも多々あったようです。
戦後から1960年代は暗黒期とも呼ぶべき時代で、今であれば人権侵害となるような制度が奨励されていました。
その最たるものが国民優生法と呼ばれるもので、知的障害者や精神障害者本人の同意なしに精管、卵管を切断して生殖機能を断つことが可能でした。
この法律により1994年までに約16500人の不妊手術が行われており、その68%は女性でした。
1996年の法改正により、法律名が現在の母体保護法に変更されるとともに、優生学的思想に基づいて規定されていた強制断種等に係る条文が削除され、「優生手術」の文言も「不妊手術」に改められた。

Facebookでコメント

コメントはこちら

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

]